日本最級 ダイワ(Daiwa) ハートランド802MHFS-SV13 キャッシュレス5%還元対象】 【6/30迄 802MHFS-SV13 SPEC) BIWAKO (震斬-ロッド・竿

Menu
そして恋する肌へ

日本最級 ダイワ(Daiwa) ハートランド802MHFS-SV13 キャッシュレス5%還元対象】 【6/30迄 802MHFS-SV13 SPEC) BIWAKO (震斬-ロッド・竿

FOOTJOY [フットジョイ] FJ TOUR X Boa [ツアー X ボア] 2020 ゴルフシューズ 55413 ホワイト/ブラック 【W/足幅3E】







仕様表


全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径/元径
(mm)
適合
ルアー
(oz)
適合
ライン
PE(号)
カーボン
含有率
(%)
2.4421261401.8/12.93/16-3/40.8-2.099

「釣り人の欲望は底知れない」
哲学者のように村上晴彦はいう。確かに湖の手前で釣れていても、遥か彼方に「その先」が見えたら、釣り人ならリグを送り届けてみたくなる。恐らくはエルドラドであろう未知の領域を開拓したくなるのだ。ただ投げるのならシーバスロッドでいい。だが、100m先でルアーを動かしバイトをとり、抗う魚に主導権を与えないロッドとなると、いままでは皆無だった。さらに、そんな遠くではラインが伸びてルアーをアクションさせられないし、バイトに対してもダイレクトに合わせられない。そこでクローズアップされるのがPEライン。古くからその利点に目を付けていた村上が、超遠投ロッドの可能性をPEラインに託したのは当然の成り行きだった。それがPE PERFORMANCEコンセプト。

生み出された作品はHL 802MHFS-SV13震斬 BIWAKO SPEC。不朽の名竿 HL-Z 742 MFS-Ti06 震斬をベースに琵琶湖専用超遠投2ピーススピニングロッドに進化させた。穂先部にはKガイド、バット部にはYガイドを採用し、村上流遠投仕様ガイドセッティングを施した。8フィートという長さはロングリーダーのヘビキャロにも対応。テストでは0.8号のPEラインで120mという飛距離を叩き出したその遠投能力は凄まじい。SVF COMPILE-Xを採用し、ネジレを極限まで抑制するXトルクを全身に纏ったパワーは抜群。繁茂したウィードに逃げ込もうとする魚の顔を釣り人側に向かせ、グイグイ引ける強引さも持ち合わせている。

それだけではない、軽いリグをヒョイと飛ばせる小技も効かせる。リールが下にあるからこそできる芸当だ。さらに穂先はしっかりと仕事をしてくれるので、ミノーのトゥイッチなども器用にこなす。つまりパワーと繊細さを両立させた不思議なロッドでもある。しかしこれは「スピニングのハードロッドには不可欠な条件」と村上はいう。ハートランド特有のV-JOINTとヘラ合わせの融合により震斬譲りの美しきベンディングカーブは健在。「竿の曲りに酔える」というハートランドのコンセブトはいささかもブレていない。こうして村上自身も「面白い」と太鼓判を押すサオが出来上がった。琵琶湖専用と謳っているが、大河での釣りにも適している。「3000番台のスピニングリールと組み合わせれば、さらに新しい世界が拓けるんやないかな…」村上晴彦の欲望もまた、果てしないものがあるようだ。

●X45
●SVF COMPILE-X
●TUBULARPOWERSLIM
●V-ジョイント。
8月5日新発売

日本最級 ダイワ(Daiwa) ハートランド802MHFS-SV13 キャッシュレス5%還元対象】 【6/30迄 802MHFS-SV13 SPEC) BIWAKO (震斬-ロッド・竿

日本最級 ダイワ(Daiwa) ハートランド802MHFS-SV13 キャッシュレス5%還元対象】 【6/30迄 802MHFS-SV13 SPEC) BIWAKO (震斬-ロッド・竿

日本最級 ダイワ(Daiwa) ハートランド802MHFS-SV13 キャッシュレス5%還元対象】 【6/30迄 802MHFS-SV13 SPEC) BIWAKO (震斬-ロッド・竿

☆【Fox Clothing】フラックスヘルメット Orange Crash | XS/S

KYOEI GOLF REGULAR IRON K-98 KBS TOUR GRPHITE IRON TGI共栄ゴルフ レギュラーアイアンヘッド K-98 KBS ツアー グラファイト アイアン6本セット(#5~PW)

日本最級 ダイワ(Daiwa) ハートランド802MHFS-SV13 キャッシュレス5%還元対象】 【6/30迄 802MHFS-SV13 SPEC) BIWAKO (震斬-ロッド・竿

【ノエビアグループ×立命館大学】
第68回日本生物工学会大会発表 土壌肥沃度とオーガニック植物の収穫量や品質の関係性を解析