topnews_line

全ての 加藤忠三朗作 利休好写十二代 丸 】炉釜 茶道具・釜 【-工芸品・民芸品

%e8%b3%9e%e5%91%b3%e4%bc%9a%ef%bc%88%ef%bd%88%ef%bc%92%ef%bc%98%ef%bc%8e%ef%bc%92%ef%bc%8e%ef%bc%92%ef%bc%90%ef%bc%89-6
フォトギャラリー

【 茶道具・茶杓 】銘入茶杓 「相生(あいおい)」前田宗源 禅師作


■炉釜 丸 利休好写 加藤忠三朗作
分類茶道具
作者尾張藩 御釜師 十二代  加藤忠三朗
作者略歴【 代々の略歴 】

尾張国東春日井郡守山村に生まれた初代は、
鋳物師(いもじ)を業として、藩主に招かれ清洲に移り、

慶長16(1611)年、名古屋城築城と共に
名古屋市東区鍋谷町(現在泉二丁目)に移った。

藩許の鋳物師となり、
5代目忠三朗より「御釜師」となり、
代々尾張徳川家のお抱え釜師として活躍した。

苗字帯刀上下着用を許され、
代々加藤忠三朗を名乗り、現在の12代に至る。

金鱗会正会員。
-------------------------------------------------
■十二代  加藤忠三朗(本名 了三)

昭和23年 1月22日生。
昭和57年 11代忠三朗より家業を継ぐ。

芦屋ならびに古作釜の美と技を求め、研鑽する。
平成3年10月、12代加藤忠三朗を襲名、現在に至る。
備考桐共箱、作家栞・略歴付。

新品。
取扱品:茶道具 茶碗 美術工芸品 陶磁器 和の器 酒盃 抹茶 他
創業1946年 / 茶道具販売 卸売・小売部門 知事賞 受賞:佐藤大観堂

■トップページに戻り、他の作品を見る

2016.09.22

メークインとまぐろのサラダ